トップページ > 年をとっても大きな目に憧れます

年をとっても大きな目に憧れます

"私は化粧せずには人前に出れない顔です。
ファンデーションはともかく、眉がほとんどないので書かないと極悪人のようですし、本来奥二重瞼なのですが、より目を大きく見せたくいつも二重化粧品を使っているのでノーメイクだと目元がまったく別人になってしまいます。
人と話すときには目元を見て話しますよね?
ですからアイメイクというのはとても重要だと思います。
若い頃は黒のリキッドでアイラインを引いてシャープな目元にしていましたが、年をとってからは茶系のペンシルでアイラインを引いて茶系のアイシャドウを使って柔らかい印象の目元に見せるようになりました。
一重の人間にとって、ぱっちりとした大きな目はとても憧れます。
少しでも大きな目元に見せる工夫は若い子だけでなくアラフォー世代になっても永遠のテーマなのです。
"

タテガミラッシュモア