トップページ > 一重まぶたで悩むこと苦労すること

一重まぶたで悩むこと苦労すること

"一重で目が小さいのが昔からの悩みです。

一重まぶただと、目が小さく見えるだけでなく、腫れぼったく見えたり、目つきが悪いように見えたりというマイナス面があるのが苦痛でした。

ずっとコンプレックスだったので、化粧ができるようになってからは二重まぶたをつくる化粧品をすぐに試しましたね。
それでも慣れないうちは、液体をつける量がよく分からず、足りなくてすぐ取れてしまったり、逆につけすぎて白く浮いてしまったり。
慣れればよくなってきますが、それでもやはり長時間つけているとキープ力が弱まってしまうんです。
化粧をバッチリしても二重が取れてしまうと台無しなので、二重をつくるのはかなり気合を入れますね。

ただ毎日となるととても面倒なので、最初から二重だったらどんなに良かっただろう、と思うことがあります。
二重にする時間を省けるだけでもかなりの時間節約になりますし。
万が一すっぴんを見られることがあっても、最初から二重ならそこまで焦ることもないと思うんです。

色々悩むことはありますが、二重をつくることを楽しむ、化粧で変われる自分を楽しむ、と思って前向きに考えていきたいものですね。"

タテガミラッシュモア