メイン

300根まつ毛エクステの後気をつけること アーカイブ

2010年04月26日

まつげエクステのあと気をつけること

まつげエクステをつけてもらったら、ステキな目元になって気分もウキウキしますよね。まつげエクステをつけた後には、いくつか気をつけたい点があります。

シングルタイプのエクステをつけた場合には、まつ毛の周期にあわせてもしかしたらエクステがまつげと一緒に抜け落ちてしまうかもしれないということを理解しておかなければいけません。まつげにも毛の周期がありますから、抜け落ちてしまう事ももちろんあります。その際にはリペアと呼ばれる「足りない箇所に付け直す」作業が必要になるので注意しましょう。

また、まつげエクステをつけたら、グルーが完全に乾燥するまで時間がかかりますから、グルーがしっかりと内部まで乾燥するまでの時間はお風呂に入ったり洗顔したりする事を避けることはもちろん、気になるからと指でいじったりもしないようにしてくださいね。

まつげエクステをしている場合には、毎晩のメイク落としもまつげエクステを取ってしまわないようなマイルドなタイプの物を選びたいものです。まつげエクステサロンやネットショップなどでは、エクステ用のメイククレンジングなどが販売されているので、そういった物を賢く利用する事で、まつげエクステのもちを長くする事も可能です。

まつげエクステはグルーによって接着されているので、基本的にプールや温泉など「水」では落ちることはありません。エクステをつけた日はグルーが乾いていない場合も多いのでこれらのアクティビティは避けた方が良いですが、翌日からは安心してウォータースポーツをする事ができます。

まつげエクステをしている際のアイメイク

まつげエクステをしていても、アイメイクは普通にする事ができます。まつげエクステによって、それだけで目力がアップしているので、今までのようにビューラーと格闘しながらまつげを必死に上にカールさせようとしたり、またマスカラをたっぷり塗ってまつげがカチカチになってしまう事も少ないかもしれません。しかし、まつげエクステの際に気をつけなければいけないのはクレンジングなので、アイメイクをする際には、今まで通りのメイクをしても問題はありません。

アイメイクをする際には、クレンジングの事を考えながら、ウォータープルーフタイプのメイクは避けた方が良いでしょう。まつげエクステにオイルクレンジングを使うことはできませんから、オイルクレンジングでなければ落とすことが出来なかったアイメイクなどは避けた方が良いかもしれませんね。お湯で落ちるタイプのアイメイクが理想的です。

まつげエクステにオイルクレンジングはNGですが、まつげエクステ以外の場所ならオイルクレンジングを使ってもOKなので、リップスティックなどはこれまでと同じタイプを使って全く問題はありませんね。

まつげエクステをしていると、まつげにグルーをつけていますから、少なからずまつげに負担をかけています。そのため、まつげエクステをしている時には、アイメイクの中でもまつげにさらにダメージを与えてしまうマスカラやビューラーなどは控えた方が良いかもしれませんね。まつげが傷んで切れてしまったりすると、せっかくのエクステも楽しむ事ができなくなってしまいますから。

まつげエクステのスクール

若い女性からは圧倒的に支持されているまつげエクステ。まつげエクステをつけるとメイクをしなくても目力をアップする事ができるだけでなく、ナチュラルなアイメイクでも目の印象をアップさせることができるようになります。

まつげエクステはサロンなどでつけてもらうのがもっとも便利で楽なのですが、料金がかかってしまうために若い方の中には自分自身でまつげエクステの技術を習得して、お友達どうしてエクステをつけあいっこする、なんて方も多いようですよ。

まつげエクステは見よう見まねでテクニックを習得しても良いのですが、スクールに通うとプロの技を教えてもらうことができるので、まつげエクステスクールもとても人気があります。

まつげエクステのスクールに通うと、学科や実技などまつげエクステに関する必要な知識とテクニックをオールマイティに学ぶことができます。まつげエクステスクールは全国にいくつもありますが、認定されているスクールに通えば、日本アイリスト協会が主催する技能検定にも対応していたりするので資格取得にもつながります。

まつげエクステスクールを卒業すると自分自身でエクステのサロンを開く事も可能ですし、スクール側で就職相談にも対応してくれるので、その後の進路も心配する事なく学んだまつげエクステの技術と知識を生かした就職先を見つけることができます。

まつげエクステスクールは、スクールにもよりますが、30時間程度のコースでかかる料金は20万円〜30万円前後という所が多いようです。

まつげエクステのために健康なまつげを作る

まつげエクステは、自分自身のまつげに人口のまつげを接着剤(グルー)で貼り付けていきます。そのため、自分自身のまつげが傷んでいたりすると、まつげエクステも思ったような仕上がりにならないことがあるので気をつけなければいけません。まつげエクステが大好きな方ほど、普段のまつげのお手入れには気を遣わなければいけませんし、少しでも健康的なまつげを作ることができるように日ごろからまつげのメンテナンスを心がけたいものです。

まつげも毛ですから、毛の周期があります。毛根から生まれた毛がまつげとして肌の上に見えているのは成長期と呼ばれる過程で、まつげの周期では成長期は全体の85%を占めています。

成長しきったまつげは退行期に入り、毛の根っこからまつげが抜けてしまいます。そして、次の成長期に入るまでの間は休止期と呼ばれるサイクルで、肌の上にまつげは見えません。退行期から休止期まではまつげの周期全体から見ると10%程度なのですが、まつげの周期30日〜90日の間には、せっかくつけたまつげエクステも退行期のまつげとともに抜け落ちてしまうと言うことがあります。その際には、リペアと呼ばれる作業をする事で、まつげエクステを補う事も可能です。

健康なまつげをキープするためには、たんぱく質などを積極的に摂取したりして栄養面で気をつけるだけでなく、ビューラーやまつげパーマなどでまつげに負担をかけないように気をつけたいものです。マスカラをクレンジングする際にも、あまりゴシゴシこすってしまうのはまつげにとって負担になってしまいますから、優しくソフトにしましょう。

About 300根まつ毛エクステの後気をつけること

ブログ「まつげエクステのトラブル防ぐ!睫毛エクステ初心者ガイド」のカテゴリ「300根まつ毛エクステの後気をつけること」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは200まつ毛エクステサロンについてです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type